スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/9(土)総体名北支部予選8位決定戦

たまに雨がちらつく中、名北支部予選が愛知工業高校グランドで行われました。
県大会をかけた8位決定戦ということでモチベーションを高く、顧問としても緊張感をもって試合に挑みました。
それまでの予選でけが人も出ており、ポジションは変えながらはお互いのようでどちらが大きなミスをするのかといった試合はインターセプトからの失点もあり、前半は1本取られ折り返し、後編は工芸も粘りと意地を見せ、迫っていきました。残り時間数分で5点差まで詰め寄り、押し切れるかというところまで行きましたが、相手の集中力もあり、インターセプトからの再失点でノーサイド。県大会は逃してしましました。良い経験とはなりましたが、悔しさの残る試合。この悔しさは忘れたくありません。

結果 工芸14ー24愛知(0−7、14−17)

応援に駆けつけていただいた大先輩など、最近は励まされることが多いです。皆の活躍、努力が認められ始めているのか、まだまだですが精進し、秋への成熟へつなげていきます。
次は7人制大会です。こちらでは必ずや県大会出場を成し遂げたいと思います。

会場準備していただいた愛知工業高校の皆さん、対戦校の愛知高校の皆さん、レフリーの木村先生、そのほか多くの方々に感謝いたします。ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。